有川 凛(ありかわ りん)
株式会社らしゅえっと代表取締役
 

1974年京都生まれ。南山大学外国語学部英米科卒業。
IT企業にてシステムエンジニアとして従事した後、人材開発コンサルタントを経て、東京海上日動火災保険株式会社に入社。

2010年に結婚。海外で出産と育児を経験し、帰国後、第二子を出産。子育てを通して、母と子が心身ともに健全であることが一番大切であり、また、地域社会とは、「子ども」「現役世代」「シニア世代」の三者がバランス良く結びついてこそ、うまく成り立つと考えるようになる。

2013年2月、東京海上日動火災保険株式会社にてワーキングマザーとして勤める傍ら、同じ志を持った地域の人々を巻き込み「女性が子供を産み、育てやすい地域づくり」をする社会貢献を目的としたNPO「恩渡しネットワーク」を設立。

さらに、この活動を資金面で支え、社会が抱える問題解決や社会的価値の創出を図るために、2013年11月に義母を代表とする「らしゅえっとLa Chouette」を設立(2016年6月法人化)。

2014年1月より、「生きやすさ」と「循環(持続可能性)」の2つのキーワードを活動ポリシーに、除菌水シリーズ「まましゅっしゅ」の商品企画、制作、販売。2年連続で「キッズデザイン賞」を受賞し注目を集める。

2015年8月、「アジアNGOリーダー塾」で学ぶ。社会貢献活動を日本に限らず、世界の子どもたちの「笑顔」「健康」を生み出したいと願うようになり、ビジネスで培った手法を取り入れて富の集中ではなく、好循環させる仕組みとして「SMILEプロジェクト」を立ち上げて活動を開始。

2016年9月、東京海上日動火災保険株式会社を退職。2016年12月、株式会社らしゅえっと 代表取締役に就任。

2016年12月、世界中に「SMILE〜Sharing Mracle In Life Everyday〜」を届けるため任意団体「RINDA foundation JAPAN」を設立。

さらに、2017年8月13日、インド バンガロールにて、インド初の非居住日本人女性が代表となる財団法人「RINDA foundation INDIA」を設立。2018年8月13日、日本においても一般財団法人RINDA foundation JAPANを設立。

2018年12月、内閣府男女共同参画局が実施している「アジア・太平洋輝く女性の交流事業」で「架け橋女性」27名の一人に選ばれる。その後、JETROの国際ビジネス情報番組「世界は今 JETRO Global Eye」にて、女性ならではの視点で市場を開拓する起業家として紹介される。

2019年6月より、特定非営利活動法人 アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)理事を務め、アジアの発展と課題解決に貢献すべく尽力している。

RINDA foundation JAPANの共同創設者であり、70歳で白血病を発病しながらも前向きに挑戦し続けた父 山本 夢拓の生き様を通じ、どんな過酷な状況においても、年齢に関係なく誰もが「生きやすさ」を追求して助け合いながらも「らしく」生きられる環境作りを目指す。

現在は、学校教育の中で誰もが「生きやすい」世界を子どもたちとともに考えるべく、地域の小学校での絵本の読み聞かせや21世紀型スキルを育む授業の提案など、教育現場での活動を積極的に行っている。

鈴木文代(すずき ふみよ)
株式会社らしゅえっと代表取締役

1951年 岩手県生まれ、東京育ち。20代で服飾関係で販売職に従事。その頃、千葉県館山市にある戦前、戦後を通じて虐げられた女性の長期保護施設「かにた婦人の村」の存在を知る。友人たちに声を掛け、施設の女性たちが作る「裂き織り商品」の材料となるシルク素材の中古衣料や生活雑貨等を集めて施設に送る支援活動を行う。

30代半ばよりイタリアの直輸入の婦人衣料雑貨にて営業職に従事。60歳定年を機に再び販売職に復帰し現在に至る。

2011年8月、近所に住んでいた有川と出会い親交を深める。2013年、有川の想いに共感し副代表として恩渡しネットワークの活動に協力を始める。2016年、有川と共に株式会社らしゅえっと代表取締役に就任。

自身の出生地でもある東日本の震災時には、直後より周囲への声掛けをして支援活動を始める。現在も年に二回、中古本とCDを送る活動を続けている。